サービス

小型風力発電の施工フロー。

Posted by admin on 12月 07, 2017
サービス / No Comments

紀元前1000年にはその姿が完成していた、「風車」。
今では再生可能エネルギーとして風力発電が大きな注目を集めています。
日本ではまだそれほど普及していないと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、ヨーロッパでは造られている電力の半数以上が風力電力でまかなわれていることをご存知でしょうか?

もし風力発電にご興味がある、導入を検討したいと考えている方がいらっしゃるのであれば、『スマートテック(http://www.smart-tech.co.jp/smart_wind/about/)』をおすすめします。
小型風力発電専門の業者として、茨城県水戸市を中心に業務を行っているとのことです。

では、スマートテックにて風力発電を設置する際の施工フローを以下にご紹介しましょう。
1.基礎工事(2~4週間)
地盤調査ののち、基礎工事が行われます。

2.ポール建方
4分割されたポールを一本の棒になるよう組み立てます。

3.タービン取付
最も重要なタービンの取付を行います。

4.尾翼組み立て
2分割されている部品を組み立ててタービンの後方に取り付けます。

5.羽組み立て
3枚ワンセットの羽根を丁寧に取り付けます。

6.ノーズコーン取付
羽根の接合部分の保護目的です。

7.配線工事

8.完成

だいたい1か月程度で終了となるので、工期は短めです。

ビジネスフォンが高すぎると思った時に利用すべきサービス

Posted by admin on 9月 15, 2014
サービス / No Comments

http://morrisdeesaward.com/一般的にビジネスフォンは電話会社側に既得権が発生するため、契約・購入する側にとっては手痛い出費となるケースが多いそうです。また非常に難しい問題でもあるのですが、家庭用電話機よりも遥かに値段の高くなるビジネスフォンを「高すぎる!」と思う事業所などは、基本的に中小である場合が多いと言えます。

大企業であれば売り上げ規模からみればビジネスフォンにかかる料金も微々たるものですからね。つまり時代の流れによっては売り上げが一気に縮小してしまう恐れのある会社が、仕事用の電話機の料金で悩んでいるわけです。もしかしたら1年後には倒産している可能性もあるわけですからね。

特に最近では個人事業主から会社規模を地道に大きくしていく、若手のやり手社長さんも増えていますので、こうした人たちにとっては電話機の値段も注視せざるを得ない出費だと言えるでしょう。

そこで今回紹介したいのが中古の電話機を扱っている【ビジネスフォンの参照サイト→こちらのサイト】です。

※紹介先の業者⇒ビジネスホン(ビジネスフォン)でオフィスのコスト削減ナビ

こういった業者を利用すれば中古ではあるものの、従来よりも遥かに安い値段で電話機を購入できますので、検討するだけの価値はあると言えるはずです。購入台数によっては電話回線込みで、とても安くなるプランもあるそうなので興味があればチェックしてみましょう!経費を抑えられるかどうかは重要ですからね。